ポリリン酸ホワイトニングの特徴

クリーニング効果があるホワイトニング

一般的なホワイトニングは、過酸化水素という成分を主成分とした薬剤を使って行います。

 

過酸化水素水には歯のエナメル質や象牙質にまで浸透して、沈着している着色や象牙質の変色を漂白する働きがあるからです。この漂白作用によって、全体的に白くすることができます。それからポリリン酸ホワイトニングは、過酸化水素にポリリン酸ナトリウムという化合物を混ぜた薬剤を使用して行うホワイトニングの方法になります。

 

ポリリン酸ナトリウムは食品添加物としても幅広い場面で使用されており、安全性も確立されている化合物です。その特徴には、表面についている渋茶やヤニなどの着色汚れをクリーニングする効果が期待できるところにあります。

 

また、抗菌作用も持っているので、歯周病を防止してくれたり、虫歯を予防してくれる効果も期待できます。また、ステインなどがついてしまうのを防止する働きも持っており、歯をコーティングしてくれます。

どういったメリットが考えられるのか

ポリリン酸ホワイトニングには、様々なメリットがあります。まず、痛みを感じることが少ないというメリットがあります。

 

一般的なホワイトニングで使用される過酸化水素水はそのまま使うと劇薬なので、当然痛みも強く感じます。

 

ポリリン酸ナトリウムを配合することによって過酸化水素水の濃度が低くなり、痛みを抑える効果があります。安全性も高いので、安心してホワイトニングを行うことができます。次に、仕上がりが自然で美しいというメリットもあります。

 

天然の感じに近くなるので、真っ白すぎて不自然といったことがありません。それから、コーティングによって表面が強くなるので、着色しにくくなるといったメリットもあります。せっかくホワイトニングを行っても、食事をしたりお茶を飲んだりすると着色してしまいます。

 

それを防ぐことができるので、白さが長続きしてくれます。ホワイトニング直後に食事をしても大丈夫です。

どんな人におすすめなホワイトニングなのか

ホワイトニング

 

ポリリン酸ホワイトニングは、歯の黄ばみが気になっているという人やコンプレックスだという人におすすめです。

 

特にコーヒーが好きでよく飲んでいるという人やタバコを吸っているといった人の場合には、着色汚れがつきやすく黄ばみが目立ってしまいます。

 

また、これから就職試験を控えている人や営業職で人と接する機会が多いといった人にもおすすめです。歯の黄ばみが目立つと不健康なイメージを与えてしまうので、面接の時などにはマイナスの印象になってしまいます。

 

口元が明るく爽やかになると、顔全体の印象もアップさせることができます。人の印象は最初の数秒で決まるといいますから、短い時間で判断される面接時には見た目もとても重要です。コンプレックスを解消して、自分に自信が持てるというメリットもあります。

 

ただし、どこのクリニックでも行っている方法ではないので、ホワイトニングを検討している場合には事前に確認をしてクリニックを訪れる必要があります。